パワーコンディショナーの価格やメンテナンス

インバーターの一種であるパワーコンディショナーは、送り込まれた直流の電力を交流電流に変換する精密機器です。

太陽電池モジュールやエネファーム、さらにエコウィルなどで発電した電気は、直流電力ですが、パワーコンディショナーと接続することで、家庭内での利用が可能になります。さらに家庭用蓄電池への充電や、電力会社への売電の時にも、必要となる機器です。



ただしパワーコンディショナーはあくまでも変換器であり、発電する機能はありません。

太陽光発電システムの施工会社や、大手電気機器メーカーで取り扱いがあり、通常メーカー保証は10年から15年です。

それ以内であれば、劣化や変換率の低下はありません。



また災害時の補償もあります。価格は屋内型で25万円前後から30万円程度です。
ただし屋外型は、同じスペックであっても屋内型より5万円から10万円ほど高くなります。
その代り、屋内に置くより騒音の心配がなく、変換ロスも少なくなります。

尚、メンテナンスで部品交換が必要になった場合は、交換のみなら5万円から10万円です。



しかし、パワーコンディショナー自体を交換する際は、20万円から30万円はかかります。


その他、メーカーによって様々な保証があるため、購入前にしっかり目を通す必要があります。

その他、太陽電池モジュールと、必ずしも同じメーカーでなければならないというわけではありません。

しかし相性があるので、施工会社の担当者に相談すると良いです。