パワーコンディショナーの特徴

パワーコンディショナーとは太陽光発電設備の1つであり、太陽光パネルでは直流で発電されるため、これを家庭で使用できる交流に変換する役割があります。このときに100%の電気を利用できるのではなく、若干のロスが発生します。

この変換効率は各メーカーによって違いがあるため、選考する際の比較点になります。



パワーコンディショナーには定格出力が定められており、これも選考の際に確認が必要です。


定格出力は利用できる最大の出力であり、これを上回る発電を行えても超過分はロスになります。そのため、通常は定格出力を超えないように太陽光パネルを設置します。



しかし、近年は定格出力を超えるパネルを設置する過積載を行うことも多いです。
発電のピークの時間帯にはロスが発生するものの、1日を通した発電量が高くなり、利益率が向上します。

太陽光発電の買取価格は低くなっていますが、過積載によって高い利益を出せるようになります。これを行う場合は過積載でも保証される製品を選ぶと良いでしょう。

パワーコンディショナーは設備の中では故障が多いものであるため、保証が受けられなくなると思わぬ出費が発生して利益率が悪化します。

また、パワーコンディショナーは設置場所に十分な検討が必要になります。



高温になる設備であるため、通気性の低いところに設置すると室温が上がるなどの影響があり、故障の原因にもなります。

湿気の多い場所も錆びる原因になるため、業者に適切な設置場所があるか相談して決めると良いでしょう。