太陽光発電におけるパワーコンディショナーの選び方

太陽光発電においてパワーコンディショナーは発電量を決める重要な役割を担うものです。発電パネルの生み出すエネルギーを電力に変換する機能を持っており、その容量により一度に発電できる電力の量が決まることから、発電パネルの数量に合わせてその容量を選ぶことで、先行投資を抑える効果的な発電ができるようになります。



パワーコンディショナーの役割は、太陽光発電パネルが生成したエネルギーを電力に変換するとともに、その電力を安定した出力として外部に送り出す役割を担っています。



自宅で太陽光発電を行う場合、基本的には電力会社から供給される電力と合わせて使用することになるため、その電気の品質が悪い場合には自宅の様々な電気機器に影響を及ぼしてしまう危険性があります。また売電用として利用する場合においては、その電力を安定させて送り出さないと、大きなトラブルになってしまう危険があるのです。



そのため太陽光発電に使用するパワーコンディショナーは、厳密な検査に合格したものが使用されることが義務付けられています。


そのためその価格も高く、容量の大きいものほど高額になる傾向にあります。最近では事前に大型のパワーコンディショナーを設置し将来的な太陽光パネルの増設に備えるという考え方が提唱されていますが、投資対効果の計算を十分に行った上で導入しないと、なかなか投資を回収することができずに効率的な運用が行えないことになるので注意が必要です。