パワーコンディショナーの役割とは

太陽光発電システムを家庭で導入することも一般的になりつつありますが、太陽光パネルで発電された電気は直流ですので、家庭に供給するようにするためには、交流に変換する必要があります。

そこで、直流の電気を交流に変換する機能を持つのが、パワーコンディショナーです。

変換効率が高いほど、効率よく利用することが出来ます。



しかし、発電した電気の全てを変換することは難しく、少なからずロスが発生してしまいますので、変換効率は95%前後であると言われています。

太陽光パネルで作られる電気の量は、天候によって左右されます。

パワーコンディショナーを使用することにより、太陽光パネルからの電気を安定的に取り出すことが出来るように調整することが出来るようになります。
太陽光パネルの発電量を大きくする事が出来るわけではありませんが、出力電力が最大となるように制御することが出来ます。



太陽光発電システムを導入する人の中には、使わずに余った電力を売電している人もいます。



自宅の外の電線に電気を送り出す事になりますので、ここにトラブルがあると自宅だけではなく周辺の住居も巻き込むことになります。


パワーコンディショナーには、そのようなトラブルを防ぐための保護機能が搭載されており、何らかの異常が発生した時には出力が遮断されますので、電気製品や系統をトラブルから保護することが出来ます。パワーコンディショナーは家庭用の小型エアコン程度の大きさがありますし、使用する上で発熱しますので、屋内型を狭い部屋に設置すると部屋の温度が上がってしまったり、湿度の高い場所では基盤が錆びる可能性がありますので、設置場所には注意が必要なことがあります。