パワーコンディショナーの性能と選ぶポイント

パワーコンディショナーという言葉を聞いたことがありますか。

太陽光を利用する際に、蓄えた電気を家庭で使えるようにするためのシステムのことです。直流電流を交流に変換することで使用できるようになります。
太陽光を効率的に活用するためにも必要不可欠なものです。



一般的にはパワコンと呼ばれ知られています。一般的に変換効率は95%程度と言われており、この変換効率が高いものほど太陽光をより効率的に活用できるということです。

パワーコンディショナーには様々な機能があるので是非知っておきましょう。


天候に左右される発電量を最大にすることができるのも特徴です。

電圧と電流を上手く組み合わせ、安定した電力が供給できるよう働いています。

また、非常時には自立運転機能が作動するので、平常時と変わらず電気が使用できるメリットがあります。自立運転機能は、物によりついていないこともありますが、災害時などとても役立つので機能が備わっていた方が安心です。

様々な機能をもつパワーコンディショナーですが、寿命は10~15年と言われています。動く部品の消耗により寿命が短めなのです。



そのまま使い続けると故障の原因となってしまいます。

パワーコンディショナーを選ぶ時には価格ばかりでなく、変換効率と最大定格出力、大きさ、保障を比べることが重要です。

どんな性能が備わっているかについてもチェックしておきましょう。



色々なメーカーがありそれぞれ強みが違いますので、しっかりと説明を受けることが大切といえます。