パワーコンディショナーの変換効率について

パワーコンディショナーは太陽電池が発電した直流電力を住居内で利用可能な交流電力に変換するための装置です。
太陽光発電を導入している人も多いかと思われますが、太陽電池で発電した電気はそのままでは冷蔵庫やエアコンなどを動かす事が出来ません。



冷蔵庫、エアコン、テレビなど家の中で利用している電化製品は、ACコンセントから電気を供給して動かしているもので、太陽電池から取り出した電気はACコンセントから流れる電気とは性質そのものが異なります。



ACコンセントから流れる電気は電力会社が送電を行っている交流電源で、太陽電池で発電が行われた電気は直流電源であり、双方は異なる電源である事からもそのままでは使う事が出来ないわけです。

パワーコンディショナーは内部にDC/ACインバーターと呼ぶ電子回路があり、この回路の太陽電池で発電した電気を流すと、住居内で利用可能な交流電源に変換します。電子回路の中を電気が流れるので、電気の損失が生じる事になりますが、変換効率が高いパワーコンディショナーを利用する事で、住居内で利用可能な電力量が増えるようになります。



変換効率は太陽光発電の要となる太陽電池を連想する人は多いかと思われますが、太陽電池は直流電源を作り出すための変換効率、パワーコンディショナーは住居内で利用出来る交流電源に変換するための変換効率がそれぞれあります。

太陽電池の場合は、屋根の向きや角度など設置する環境に応じて変換効率が変わりますが、パワーコンディショナーの場合は製品毎に変換効率が異なるのが特徴です。