パワーコンディショナー

パワーコンディショナーとは、太陽光発電システムを利用して太陽電池を家庭で使用出来るように変換することが出来る機会のことを言います。

太陽電池は直流であるため、家庭内で利用することが出来ませんが、パワーコンディショナーは直流電気を交流に変換することが出来るため、家庭内で電気が使えるようになります。パワーコンディショナーは、家庭の発電設備から作った電気を家庭でも使用できるように守勢する機能がある他にも、電化製品が使用できるように100ボルトの交流電圧になるようにしてくれます。
もし異なる電圧が家庭内で流れたら、家電製品が壊れて使用できなくなってしまいますが、パワーコンディショナーの働きにより、日本基準の電圧に変換してくれるため、日本の家電製品が使用することが出来るのです。



パワーコンディショナーで一度調整された電気は家庭内の屋内分電盤に運ばれていきます。

家庭で電力が不足している箇所に供給されていきます。


もし太陽光発電システムで作られた電気が家庭内で余った場合は、電力会社が余った電気を買い取ってくれますので、一般家庭で電気を作ることは、電気代を軽減し、売電分によって利益を得ることが出来るでしょう。



太陽光電池は日照量によって電気を作る量も決まります。

晴天の日は80%の割合で電気を作ることができますが、曇りの日は30%、雨の日は10%しか電気を作ることが出来ません。



住宅に太陽光発電システムを導入することによってエコにもなりますし、電気代を大幅に減らすことも出来るでしょう。