パワーコンディショナーのメンテナンスや保証内容

パワーコンディショナーは、直流電流を交流電流に変換するインバーターの一種です。
ソーラーパネルで発電した直流の電力は、そのままでは家庭で使用できませんが、このパワーコンディショナーがあれば家庭用の交流電流に変えることができます。



しかし電気を生み出すのはあくまでもソーラーパネルであり、パワーコンディショナー自体は発電しません。

また現在、大手の電気機器メーカーから様々なタイプが販売されており、最大出力3kWのものなら、約26万円から29万円前後です。

さらに屋内型のパワーコンディショナーより屋外型の方が、変換率にロスが少ないです。そして室内に置くより騒音の心配がないため、人気があります。

ただし屋外型の方が価格は多少高めで、最大出力3kWなら39万円から40万円が相場です。
さらに一般的に10年から15年でメンテナンスが必要となり、場合によっては交換することになりますので、購入の際は、保証内容を確認することが大切です。その他、パワーコンディショナーの容量を超えたソーラーパネルを載せることを過積載と呼び、安全性を確かめた上で行われています。



この場合、ソーラーパネルの型式は変えずに、枚数だけを増やします。

メーカーにもよりますが、通常は定格容量を超えたソーラーパネルを接続しても、保証対象外にはなりません。



ただし容量を超え過ぎて負担がかかる場合は、故障の原因となるため、施工会社とよく相談するようにします。